スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13回アスパラガスの会レポート 2011/4/23開催分

第13回アスパラガスの会
2011/4/23開催、於:柏原市内某所

テーマ:わかっているのにできないもどかしさ~自分の中の凹凸~
参加者:当事者16名 非当事者2名 計18名(うちスタッフ3名)

開会の挨拶、諸注意の後、2グループにわかれてディスカッション。
その後、全体で自己紹介と、各グループのディスカッションの概要発表。

★わーグループ
 記録Nさん

“私は時間感覚を掴む事や体調の微調整が苦手です。そのため夏場には熱中症になってしまいます。”

“私は計算が出来ないです。” “私は手先が不器用。”

“私も体調や時間管理が出来ないです。15時間ぶっ通しでおんなじ事してます。あと、何か用事を頼まれるとトコトン取り組んでしまいます。典型的な0/100思考ですよね。適度ってどのくらいなのかよく分かんないんですよね。100%出来れば安心するんです。8割くらいの力で継続して作業が出来る事が社会では求められるのに…で、結果睡眠障害に繋がるんですよね。”

“光が苦手でUVカットしてくれるメガネを掛けてます。”

“隣でピッチがずれてる音が同時に鳴るともう最悪です。”
“雑音が苦手でノイズキャンセラーを使用しています。サイレンの音や子供の声がしんどくて眠れなくなります。”
“私は逆で騒音が激しい地域で生まれ育ったからか無音の方が却って不安になります。”

“感覚の特異性と環境要因は分けて考える必要がありそうですね。”

私達は出来る事と出来ない事の隔たりが大きい。

“ジョブコーチの方に苦手な仕事を頼まれても「出来ない」って言わないで。「苦手です」って答えて。って言われたんですけど、何か違うんですか?”

“先程も話題になりましたが、仕事となると一定の能力を継続して発揮し続ける事が必要になると思うんですよ。やはり能力の凹凸は職場に理解して受け入れてもらう働きかけが必要だと思われますか?”

“理解しようと前向きに考えてくれる人でも受け入れる事は難しいでしょうね。理解する気がない人は全くダメ!”

では、どのように職場の人たちに働きかければ能力の凹凸を理解してもらえるのだろうか?

“今後の課題になりそうですね…”


★まみあなねこグループ
記録 あい

○当事者 わかっているのにできないことについて話す
字が苦手
時間が守れない
電車のダイヤがくるってるとパニックになった
道がわからない 覚えられない - 方向感覚 距離感
話す時緊張する
話したいけど話せない
雑談がしたいとはあまり思わない
頑固
人が話している時に「聞いている」という態度をとるのが苦手
ニュアンスがわからない
お世辞が嘘を言っている感じがする
正確な事を話したい
家事が苦手
日曜大工が苦手
整理整頓が苦手
環境が変わると眠れない

○定型の人が以下のような話をしてくれました
色々な障害の人がいるが、つらさは一緒だという話をしてくれた聴覚障害の人がいる
(職場などで)発達障害の人を切り捨てるのではなく、よく話を聞いてみると理解できることもある

以上


テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アスパラガスの会 実行委員会

Author:アスパラガスの会 実行委員会
アスパラガスの会は大阪南部を拠点にする、広汎性発達障害当事者による自助組織です。2ヶ月に1回の「集い」をベースに活動しています。

アスパラガスの会HPご案内
アスパラガスの会ホームページはこちら

モバイル版は下記よりどうぞ
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
AQ:自閉症スペクトラム指数チェッカー
AQ:自閉症スペクトラム指数は千葉大若林氏作成の自閉症スペクトラムの傾向をはかるスクリーニングテストです。
当サイトでは、50問の質問に答えると得点を自動計算するプログラムを用意しました。
「もしかして自分も?」と気になる方はどうぞ。

AQ:自閉症スペクトラム指数チェッカーはこちら
リンクについて

このブログはリンクフリーです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
おともだちリンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。