スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第14回アスパラガスの会レポート

第14回 アスパラガスの会

テーマ 『個性の活かしかた』

参加人数 男性8人 女性10人 計18人 (内 非当事者3人)

☆今回はショートスピーチは割愛させて頂きました。☆

【ならんどグループ】

男性1人 女性5人 計6人(内 非当事者1人)

☆個性を活かすとは言うけれど…☆

個性を活かすには、個性を全面的に押し出すだけではダメなことが多いです。
ならんどグループでは、個性を最大限に活かすにはどうすればいいのか話し合いました。

☆ずば抜けて得意なことがあると全般的にできるように思われる?!☆

定型発達の方が、発達障害の方に抱きがちなイメージとして…

・(当事者の方が)得意なことがずば抜けて出来るから、苦手なことと言っても普通に出来るだろう。
・苦手とは言ってるけど、(得意なことがめちゃできるから)私たちよりはきっとできるよ~(笑)。
・(当事者の方はコツコツまじめにやるから)何言ってもやってくれるよね。断らなさそうだし。

でも、発達障害者の人の現実は…

・得意なことと苦手なことの差がとても激しい。
・出来ることはずば抜けてできるが、できないことは全く出来ない。
・平均的に力を出すことが出来ない。
・計画の変更が多い環境では、ついていけない。
・自分がしんどくても期待にこたえなくてはいけないと思って相手の頼みを断れない。


→結局、現実とのギャップにより個性が活かしきれない事態が起こっている。


☆どうすれば、個性を最大限に活かせるのか?☆

・得意なところを最大限に頑張るのではなく、苦手な部分を最大限に頑張る。
・得意なところは、自分の最大値より落として実行する。
→そうすることで、当事者の現実とのギャップに苦しむことが少なくなる。


・出来る範囲で計画を立て、相手に確認を取る。
・対人スキルとして相手に確認することを覚える。
→相手の思っていることと自分が思っていることのズレが少なくなる。


・自分の特性を理解する。
・相手に必要なことを聞いてみる。
・毎日一緒にいる人を、1日1人ずつ観察する。
・趣味を持つことで自分が安心できる場所を作る。
・自分の中で対人関係に対する線引きを持っておく。
・当事者を悪い方向に利用する人とは付き合いしない。
→他者に振り回されないようにすることができる。

・全く出来ない苦手なことをやり直すより、得意なことで頑張る。
・目に見えて結果がわかることで頑張って前向きになる。
→失敗に対してカバーする力をつけると個性として認めてくれるきっかけになるのでは?

・発達障害であることを悔やまない。
・違った視点を持っていることを自分自身で認める。
→違った視点を持つことは決して悪いことではない。
 場合によっては、現状を良くする結果を出せる。


【ならんどから余談。】

今回の参加者の方は個性が強いメンバーが揃っていましたが、ぶつかり合うこともなく和やかに話をすることができました。
前日、ツイッターで「なかなか当事者会でうまく進められない」と話しているフォロワーさんがいた話をしたら、
ならんどグループの方からいろんな意見が上がりました。

・ルールが当事者仕様じゃなくて、強制的に定型発達仕様になってる。
・ルールを強制してる。
・当事者さんの意見を無視して、無理やり進行してる部分があるのでは?
・ルールが多すぎて、把握しきれないのでは?

というのがならんどグループの意見でした。

個性が殺されることなく話し合いが出来る場っていうのを、簡単に持てない現実がまた浮き彫りになってきました。
アスパラガスの会では、できるだけルールは単純にしています。
…というのも、スタッフでさえ多すぎると覚えきれないだけなんですが(;´Д`)
それが返って良かったのかなと今は思ってます。

皆さんはどう思いますか?
意見があれば、コメントかツイッター(@narand0130)まで教えてください。


====================

わーグループ(当事者男性4名、スタッフ1名)

初めは睡眠障害やなかなか就労するまで体調が快復しない等、普段の生活で困っている事柄の話題が中心でした。

中盤になるとAさんの息子さんが現在小学生で既にASと診断されているというお話が出ました。
ご本人は息子さんにはつい怒って接してしまいがちですが、本当は息子さんが特性を生かして歩んで行って欲しいしそのサポートを親としてしていきたいというお話をされました。
それについて、小学生の時点で診断が済んでいるのは我々の時代には考えられないこと、そしてそれはラッキーなことなのだから、いつか息子さんに素直な思いで関われるようになれればいいですね、等複数の方々から意見が出ました。

そして、それならば、私達大人も今からでも個性を生かしていけるようにどのように考えていけばいいのだろうかというテーマになりました。

それから、
"自分で自分を褒める事も大切だが、やはり私達も人間なので周囲の人達に認められたい"
"支援者も必要だが、自分の存在自体を支持してくれる人が身近にいると心強い"
"仕事で個性を生かす事にこだわらず、趣味で個性を生かしても構わないのではないだろうか。楽しいと思える趣味を持つことも大切"
という意見が出ました。


そして、"もう大人なのだし、周囲に自分の行動に口出しされたくない。"という意見が出ました。
それに対して、あるASのクラシックピアニストのようにこだわりを突き詰めてこれが自分の生き方なのだと特性を無理に矯正せずそのまま通して生きていってもいいのではないか?という話になりました。
口出しされたくないという自分の思いを大切にすること。
自分をアカンと評価し始めたのは他者であって自分自身ではなかったことを思い出してほしいこと。
そうやって自分を肯定していくことから個性を生かしていくことが始められるのではないだろうか。

と、いう結論になりました。


======================
狸穴猫グループ

男性2名、女性5名


個性が強いといわれることが多いという話しから始まって、以下に会社や組織等で個性を殺さずに済むか?その手法は?という話しの流れになりました。


・個性が強いのをいいと言われる→不思議
・個性が強いのを良いと捉えたい。

・幼少時から個性的であった。
 →暗黙のルールが増えてくるとつらい。
 →テーマ性のない話しにはついて行けない。

・勝手にしなさいといわれると「ハーイ」とやってしまう。

・否定的な言葉を本気で捉えやすい。
・褒められるところからはいると思いこみが激しくなる場合も。

・人に対する評価が両極端になる。

・すごいといわれてもわからない。

・周りの人の為になること=高評価 がやれない。

・目に見えるルールがあったほうがいいい。
  →あとは自分のペースでやりたい。

・何割できた?と訊かれて答えられない。

・いつまでにできる?と聞かれたら「いつくらいに欲しい?」と聞き返せばいい。
・定型さんにも割り切りを促した方がいい。
・ポジティブな言葉で無理を言えばいい。
・耳障りの言い言葉使いをおぼえておく。


======================
【2次会こぼれ話】

2次会隊長、ならんどです。(笑)
2次会では、さらに深い話になりました。

・対人パターンは大きく3つに分かれる
・スタッフならんどの生き様が凄すぎ(;´Д`)
・iPadに入ってる書籍の話
・どうやったら他人に振り回されないで仕事ができるのか?

などなど、2時間にわたってマシンガントーク炸裂しました(笑)

普段の生活では全く会話しないという人も、
「今日は何ヶ月分まとめて会話したわ~。」
と言っておりました。

普段、周りと違うということで遠慮ばかりしていたり、個性を押し殺して生活していることによる
ストレスを当会で発散して頂ければ幸いです。

何度も言いますが…

2次会は強制参加ではありません。
参加するかしないかは、自由です。


ただし、某喫茶店に席を確保してもらうのにかなり努力をして頂いてる立場としては
迷惑をかけ続けるわけにはいかずで(;´Д`)

そういうわけで、最近は予約を先にしています。
もしちょっとでも参加したいなと思っていたら、参加フォームの備考欄に

「2次会参加希望」

と一言いただければ幸いです。
当日参加もキャンセルもOKです^^
よろしくお願いします。


テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アスパラガスの会 実行委員会

Author:アスパラガスの会 実行委員会
アスパラガスの会は大阪南部を拠点にする、広汎性発達障害当事者による自助組織です。2ヶ月に1回の「集い」をベースに活動しています。

アスパラガスの会HPご案内
アスパラガスの会ホームページはこちら

モバイル版は下記よりどうぞ
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
AQ:自閉症スペクトラム指数チェッカー
AQ:自閉症スペクトラム指数は千葉大若林氏作成の自閉症スペクトラムの傾向をはかるスクリーニングテストです。
当サイトでは、50問の質問に答えると得点を自動計算するプログラムを用意しました。
「もしかして自分も?」と気になる方はどうぞ。

AQ:自閉症スペクトラム指数チェッカーはこちら
リンクについて

このブログはリンクフリーです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
おともだちリンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。